高額売却も期待できる!?フィギュアを手軽に売れるスマホアプリをご紹介!

フィギュアを処分する方法はたくさんありますが、最近はスマホアプリを利用してフィギュアを売る人が増えています。

この記事では、フィギュアを売れるスマホアプリの紹介や、スマホアプリを利用してフィギュアを売るメリット・デメリットなどについてご紹介しています。

\2018年9月イチオシ買取店はココ/

スマホがあればフィギュアを売りたいときにすぐ売れる!

スマホアプリでフィギュアを売ったことがない方は、

「スマホでフィギュアを売るのは手間がかかるんじゃないの?」

「本当に売れるの?」

と思う方も多いと思いますが、スマホアプリを利用することで高く、すぐに売ることも可能です。

フィギュアを売れるスマホアプリ4選!

メルカリ

メルカリは2018年時点で7100万ダウンロード、月間利用者数1000万人を誇る人気フリマアプリです。

利用したことがなくても、アプリ名を聞いたことがあるとは思います。

メルカリは出品した商品の半数以上は出品から24時間以内に売れていますので、すぐに売りたい場合はメルカリを利用するのもおすすめです。

メルカリでは売りたい価格を自分で設定できますので、納得した価格でフィギュアを売ることができます。

フィギュアもたくさん出品・購入されていますので、スマホアプリでフィギュアを売りたいならぜひメルカリを利用してみてください。

ヤフオク

ヤフーが運営しているオークションサイト「ヤフオク」。

ネット上の個人売買サイトの先駆けとして今も人気がありますが、スマホアプリもリリースされており使い勝手もよくおすすめです。

メルカリなどのフリマアプリとは異なり、開始価格を設定すると欲しい人たちがどんどん値段を釣り上げていく「オークション形式」での売買になりますので、人気のあるフィギュア、プレミアのついているフィギュアはより高く売ることができるのが特徴です。

フリル

フリルは楽天が運営しているフリマアプリです。

メルカリと比べるとユーザー数は少ないものの、販売時の手数料がかからないため、同じ金額で売ってもメルカリより多く手元に残ります。

(メルカリでは売上の10%が手数料になります。)

オタマート

アニメ・漫画・ゲーム・同人誌・フィギュアなどアニメグッズに特化したフリマアプリがオタマートです。

アニメグッズに興味のあるユーザーしか利用していないため、他のフリマアプリではなかなか売れないようなマニアックなフィギュアなども売れる確率が高くなります。

スマホアプリでフィギュアを売る前にメリットとデメリットを理解しよう

便利なスマホアプリですが、メリットがたくさんある反面デメリットもあります。

利用してから困る前に、まずはスマホアプリでフィギュアを売るメリット・デメリットについてご紹介します。

スマホアプリでフィギュアを売るメリット

人気フィギュアは高く売れる!

スマホアプリでフィギュアを売る最大のメリットと言えるのが高く売れることです。

リサイクルショップやフィギュアショップと異なり、スマホアプリではフィギュアを欲しい個人に対して売る仕組みなので、ショップに中間マージンを取られずに高く売ることができます。

手軽にフィギュアを売れる!

リサイクルショップの場合は店舗まで持ち込む必要がありますし、宅配買取の場合は商品を宅配便で送る必要があります。

しかし、スマホアプリなら、

  1. 商品を撮影
  2. 商品説明を記入
  3. 価格を決めて出品

以上で出品が完了します。

出品した商品が売れた場合は発送手続きが必要ですが、出品自体は簡単に手軽にできます。

スマホアプリでフィギュアを売るデメリット

買い手とのやり取りが発生する

スマホアプリは高く売れる反面、C to C(個人間取引)なので、購入後の挨拶から入金確認、発送後の連絡など買い手とのやり取りが発生します。

買い手とのやり取りを考慮して時給換算すると、実質それほど高くない場合もありますので、スマホアプリで売る商品はある程度高額な商品だけに絞った方がコスパがよいでしょう。

必ず売れるという補償はない

フィギュア買取店とは違い、スマホアプリでは必ず売れるわけではありません。また、すぐ売れるかもしれませんし、売れるまで1カ月以上かかるかもしれません。

確実に、すぐに売りたい場合は多少価格が下がったとしても買取店を利用することをおすすめします。

クレームなどのトラブルにも自分で対応しなければならない

世の中には様々な人がいますので、新品未開封のフィギュアを売ったとしてもクレームをつけられることがあります。(私も何度か経験しています。)

また、箱から出して飾っていたフィギュアなど中古品になるとなおさらクレームなどのリスクは高くなります。

スマホアプリを利用する場合は、クレームにならないように説明文にあらかじめノンクレーム・ノンリターンである旨を記載するなど、トラブルを未然に防止するための対策をしっかりしておくことが大切です。

売れてから入金まで2週間から1カ月かかる

スマホアプリを利用すると、出品してからすぐに売れることも少なくありませんが、実際に売れてから自分の銀行口座へ入金されるまでに2週間から1カ月くらいかかりますので、すぐに現金化したい場合にはおすすめできません。

スマホアプリで高く売れやすいフィギュア

一番くじシリーズ

一番くじはコンビニやホビーショップ、書店などで販売されているハズレなしのキャラクターくじです。

上位のA賞や最後の1つの景品となるラストワン賞などはスマホアプリで高値で売れる傾向があります。

限定販売されたフィギュア

期間限定やイベント限定などで販売されていたフィギュアは高額で売れる可能性があります。

ただし、転売目的で大量に出品されることも多く、あまり高額にならない場合もありますので、過度の期待は禁物です。

スマホアプリで売らない方がよいフィギュア

人気のないフィギュア

スマホアプリでは人気のあるフィギュアはすぐに高く売れますが、反対に人気のないフィギュアは売れにくい傾向があります。

また、人気のないフィギュアはかなり価格を下げないと売れないため、スマホアプリを利用するメリットは少なくなってしまいます。

状態の良くないフィギュア

スマホアプリでフィギュアを売る場合は写真や説明文で状態を伝えなければならないため、状態の細部まで伝えないと後々クレームの元になります。

悪い評価をつけられたり、最悪の場合、返品・返金などもありえますので、状態の悪いフィギュアはスマホアプリで売らない方がよいでしょう。

【まとめ】手間を惜しまないならスマホアプリで売るのもおすすめ!

スマホアプリでフィギュアは高く売れます。

しかし、市場価格の調査から出品作業、買い手とのやり取りから発送など1つのフィギュアを売るだけでもかなりの労力が必要になります。

高く売るためには手間を惜しまない、という場合はスマホアプリでフィギュアを売るのはおすすめですが、楽して高く売りたいという場合にはあまりおすすめはできません。

楽して高く売りたい場合は、多くのフィギュアコレクターが利用しているフィギュア買取店を利用するのがベストです。

\2018年9月イチオシ買取店はココ/